世界メジャー大会

全英女子オープンって男子と同じように歴史ある大会なの?

全英女子オープンも男子の伝統ある全英オープンのイメージがかぶりますが、実は歴史は浅いということをご存知でしたか?2019年には、全英女子オープンで、日本中を興奮のるつぼと化した(大げさ?)渋野日向子選手の日本人として42年ぶりの優勝がありましたね。実はそれ以前にも日本人が優勝していたことがあるんですよ。そんな全英女子オープンについてみていきましょう。

全英女子オープンって伝統のある大会のようだけど?

全英女子オープン(Women's British Open)って、男子の全英オープンのイメージで、同じく伝統ある大会なんだろうなと思って言いました。


実は第1回が1976年、メジャー大会になったのは2001年の大会からなんです。


男子は1860年からですから、随分と新しい大会なんだということが分かると思います。


主催はゴルフの総本山、R&Aロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース(Royal and Ancient Golf Club of St Andrews)です。


開催は毎年8月。2020年の大会で第44回となります。


2020年の開催コースは、スコットランドのロイヤルトゥルーンゴルフクラブになります。


なおこの全英女子オープン、過去に日本人が優勝しているんですよ。


1984年の第8回大会で岡本綾子選手が優勝しています。でもメジャー前の大会なんですよね。メジャーは2001年からですから。


大会名もスポンサーによって変化しています。


1987年から2006年までは、『ウィータビックス全英女子オープン』、2007年から2018年までは、『全英リコー女子オープン』、2019年からは、『AIG全英女子オープン』となっています。


こんな全英女子オープンですが、2019年に突然現れた新鋭が快挙を成し遂げたんです。

全英女子オープン初出場初優勝!

2019年の全英女子オープン(第43回大会)に初出場ながら優勝した選手、みなさん今ではよくご存知だと思いますが、渋野日向子選手ですね。


当時は誰一人知らない、と言えば大げさかもしれませんが、それこそ無名の選手でした。


それもそのはず、2018年にプロテスト(2度目の挑戦で)を受かったばかりの新人なんですから。


全英女子オープンへも、出場資格が決まる大会で4位に入り、賞金ランキングが8位から3位となり、見事逆転で出場権を獲得したわけなんです。(1位から5位までが出場権獲得)


そんな新人さんが世界のメジャー大会で勝つなんて、誰が想像しましたか?


当初の目標は予選突破でしたが、初日2位、2日目も2位、3日目は2打差の単独首位と、えー!まじか!という感じで見ていましたね。


このまま優勝してくれたらいいけど、まあ無理だろうなあとわたしは内心思っていました。プレッシャーも出てくるだろうし、何しろ世界が相手ですからそうたやすくことは運ばないだろうと。


それでも最終日、期待しつつ観戦しておりました。


3番で4パットのダブルボギーを叩いた時点で、あー!やっぱり優勝はダメか!とそう思ってしまいました。


その後通常なら崩れる選手が多いと思いますが、渋野選手は崩れることなく、前半は2バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの1オーバー。なんとか踏みとどまっておりました。


そして後半、ここからが彼女の本領発揮。
17番まで4バーディー、ノーボギーで最終ホールへ。


パーならプレーオフ。バーディーで優勝という局面で、見事6〜7mのパットをカップの向こうの壁に当てる強気のパットで見事優勝!


興奮は最高潮でしたね。いやー、驚きました。まさかまさかですよ。あの樋口久子選手以来、なんと42年ぶりの日本人メジャー優勝!おめでとうございます。


全く緊張することなく(実際は分かりませんが、少なくともテレビ越しにはそう感じた)、世界の強豪を前に堂々とプレーする姿は立派でしたね。


本当におめでとうございます。遅ればせながら、お祝い申し上げます。今後の活躍も期待しております。


当時のことが蘇ってきて興奮してきてしまった(笑)


では落ち着いて、2020年の開催コースを見ていきましょう。

全英女子オープンの開催コースはどこ?

2020年の全英女子オープンの開催コースは、スコットランドのロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース(Scotland,Royal Troon Golf Club Old Course)になります。


男子ではお馴染みのコースですが、実は女子としては初開催となります。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース


ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース
(Royal Troon Golf Club Old Course)


OUT 3,445Yarda Par36
IN 3,745Yarda Par35

TOTAL 7,190Yarda Par71

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 1番ホール


出典 : ShotNavi

1H 367Yarda Par4 
Seal(シール)

ほぼまっすぐなパー4。フェアウェイ両脇にあるバンカー群に注意。またグリーン周りにも5つのバンカーがあり、気が抜けない。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 2番ホール


出典 : ShotNavi

2H 390Yarda Par4 
Black Rock(ブラックロック)

グリーンまでまっすぐなパー4。ティーイングエリアから250ヤード地点3つのバンカーがある。風がフォローならば越していけるが、女子の場合はバンカー手前からの攻めになるかも。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 3番ホール


出典 : ShotNavi

3H 377Yarda Par4
 Gyaws(ジャウズ)

まっすぐなパー4。フェアウェイを小川(バーン)が通っている。ティーイングエリアから280ヤード地点。ここは小川の手前からが順当か。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 4番ホール


出典 : ShotNavi

4H 555Yarda Par5 
Dunure(ダヌアー)

軽い右ドッグレッグのパー5。フェアウェイの右に1つ、その先に左側に2つのバンカー が曲者。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 5番ホール


出典 : ShotNavi

5H 209Yarda Par3 
Greenan(グリーナン)

グリーン周りに4つのバンカーがあるパー3。風の影響を受けやすい。グリーンは難しい。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 6番ホール


出典 : ShotNavi

6H 601Yarda Par5 
Turnberry(ターンベリー)

距離の長いバー5。フェアウェイ左右にあるバンカーに注意。グリーンは縦に細長い。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 7番ホール


出典 : ShotNavi

7H 401Yarda Par4 
Tel-el-Kebir(テル アル ケビール)

右ドッグレッグのパー4。フェアウェイ両サイドのバンカー攻略が鍵。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 8番ホール


出典 : ShotNavi

8H 123Yarda Par3 
Postage Stamp(ポステージ・スタンプ)

グリーンが小さいパー3。グリーン周りは深いバンカーに囲まれている。風が吹くと難易度が上がる。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 9番ホール


出典 : ShotNavi

9H 422Yarda Par4 
The Monk(ザ モンク)

右ドッグレッグのパー4。フェアウェイ左側にある2つのバンカーは避けたい。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 10番ホール


出典 : ShotNavi

10H 451Yarda Par4
 Sandhills(サンドヒルズ)

風の影響で難易度の増すパー4。きっちりフェアウェイをキープしたい。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 11番ホール



出典 : ShotNavi

11H 482Yarda Par4 
The Railway(ザ レールウエー)

横を鉄道が通っているパー4。もちろん右サイドはOB。元々はパー5のため、パーも難しい。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 12番ホール



出典 : ShotNavi

12H 430Yarda Par4 
The Fox(ザ フォックス)

やや右にドッグレッグしたパー4。フェアウェイは狭い。グリーン右前のバンカーに注意。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 13番ホール



出典 : ShotNavi

13H 473Yarda Par4 
Burmah(ビルマ)

やや右ドッグレッグのパー4。風の影響を受けるが、しっかりとフェアウェイをキープしたい。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 14番ホール


出典 : ShotNavi

14H 178Yarda Par3 
Alton(アルトン)

風の読みが難しいパー3。クラブ選びが鍵。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 15番ホール


出典 : ShotNavi

15H 499Yarda Par4 
Crosbie(クロスビー)

もっとも距離のあるパー4。左右のフェアウェイバンカーに注意。グリーン手前にも3つバンカーがある。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 16番ホール


出典 : ShotNavi

16H 554Yarda Par5 
Well(ウェル)

3番ホールの小川(バーン)がこのホールにも続いているパー5。ティーイングエリアから280ヤード地点にある。このホールも女子は小川の手前からの攻めが順当か。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 17番ホール



出典 : ShotNavi

17H 220Yarda Par3 
Rabbit(ラビット)

距離の長いパー3。グリーン手間のバンカー群に注意。風の読みが鍵。

ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコース 18番ホール


出典 : ShotNavi

18H 458Yarda Par4
 Craigend(クレイグエンド)

バンカーが多いパー4。グリーンは大きいが、奥に行けばすぐOBとなるため、気が抜けない。

 

Course Flyover: The 145th Open at Royal Troon (2016)

男子と比べて距離も違ってきますが、リンクス特有の風、バンカー等をどう攻略して、どんな攻め方をしてくるのか興味津々です。

まとめ

男子の全英オープンのイメージで女子の大会も見ていましたが、まだまだ歴史は浅かったんですね。日本人もどんどん世界で活躍してほしいと思っています。

  • 全英女子オープン(Women's British Open)は第1回が1976年ですが、メジャー大会となったのは、2001年から。

  • 主催はゴルフの総本山R&A、開催は毎年8月。

  • メジャー前の大会ではあるが、1984年の第8回大会で岡本綾子選手が優勝している。

  • スポンサーによって、大会名が変化している。

  • 全英女子オープンといえば、2019年の第43回大会で、渋野日向子選手が日本人として42年ぶりに優勝している。

  • 2020年の開催コースは、スコットランドのロイヤルトゥルーンゴルフクラブ オールドコースで、男子の全英オープンではお馴染みのコースだが、女子としては初開催となる。

2019年は大興奮の全英女子オープンでしたが、今回はどんな戦いが待っているのでしょうか?期待したいと思います。

-世界メジャー大会

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ