ゴルフグリーンフォークって何?使わないとダメなの?

ゴルフ-グリーンフォーク-イラスト

グリーンフォークって何?どこで使うの?使わないとダメなの?ゴルフ初心者だと???だと思います。実は、ある程度ゴルフ経験のある人でも、持っていない人がいるというグリーンフォーク。そんなものがゴルフの必需品?グリーンフォークの正体に迫ります。

グリーンフォークって、そもそも何に使うの?


グリーンフォークとは、グリーン上に出来たボールマーク(ピッチマークとも言う)を直す道具です。

ですから、使う場所はグリーン上ということになります。


ボールマークというのは、ボールを打って、グリーンにボールが落下した時にできるくぼみのことです。これを直さないと、グリーン上がデコボコだらけになってしまいます。


初心者にとっては、なかなか自分の打ったボールでボールマークまでつけるのはあまりないかもしれませんし、ボールマークを直す余裕すらないかもしれません。

わたしもそうでした。


打ったボールがあっちこっちに飛ぶし、やっとこさグリーンに乗ったと思ったら、同伴者よりも一番距離が遠いからすぐに打たないといけないし、ほんと余裕なんてなかったですから。


2019年の新ルールから、レディーゴルフと言って、残り距離に関係なく、準備ができた人から打っていきましょうというということになったので、今では初心者でも少しは余裕ができるのかなと思っていますが•••。

グリーンフォークは初心者には必要ないの?


それでも、初心者は余裕がないから、別にグリーンフォークは必要ないんじゃない!?

と思われている方もいるかもしれません。


わたしは初心者であろうがなかろうが、ティーと同じように、ゴルフの必需品だと思っています。


たとえ、自分でボールマークをつけられないとしても、他人がつけたボールマークだって、直す場合も出てきますからね。


まして、自分がパットを打つ際に、ライン上にボールマークがあれば直さざるを得ないし、初心者だからって、同伴者に毎回助けてもらうというのもどうかと思います。


だから、必ず携帯するようにしてほしいなと思っています。


それでは、持っていてもいざ使う番になって困らないために、使い方を見て行きましょう。

グリーンフォークの正しい使い方は?


正しい使い方としては、凹んだくぼみの周りにグリーンフォークを刺して、刺した手をくぼみの中心へ持っていきます。これをくぼみの周りで数回繰り返して、くぼみをなくしていきます。


そして、最後にパターの底面で平らにします。


よく間違えてやってしまうのは、グリーンフォークを刺して、その手を下に持っていき、くぼみの内側からくぼみを直そうとするやり方です。


くぼみを直すのが目的なんだから、凹んだくぼみの内側から持ち上げて直すのが普通でしょう!と言いたいことは分かります。


でも、これをやってしまうと芝の根が切れてしまうんですよね。そうしたら、芝が枯れてそこだけ色が変わってしまうことになります。


言葉だけでは分かりずらいと思いますので、動画を載せておきますね。

種類って色々あるの?


グリーンフォークは、大きく分けて2種類に分けられると思います。突き出た足が、2本のやつと1本のやつがあります。


どっちがいいの?と思われるかもしれませんが、2本よりも1本の方が芝に優しいと考えている人もいます。


あくまでわたしの経験上、キャディさんは1本タイプを使ってる率が高いかなと、あと上級者の方も。


形も様々ありますし、ご自分のお気に入りを探すのも楽しいと思いますよ。

使わないとルール違反?


グリーンフォークは必需品とか言ってたけど、使わないとルール違反でペナルティがあるの?


と思われている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。あくまで、マナーです。


だったら別に使わなくてもいいなんて思わないでくださいね。そんな考えだといずれ誰もラウンドしてくれなくなりますよ。お互いが気持ちよくプレーする上でのマナーですからね。


グリーン上を確認して、ボールマークを見つけて、さっとグリーンフォークを出して、サクッと直す。これがスムーズにできれば、100切りも目の前です。


ぜひ、お気に入りのグリーンフォークを見つけてみてください。

まとめ

縁の下の力持ち的な存在のグリーンフォーク でしたね。初心者には必要ないということはありませんから、お気に入りをポケットに忍ばせておきましょうね。

  • グリーン上にできたおボールマークもしくはピッチマークともいう(打ったボールでできたグリーン上のくぼみ)を直す道具をグリーンフォークという。
    ちなみにこのグリーンフォークは、和製英語です。正式には、repair tool(リペアツール) divot tool(ディヴォットツール)と言うみたいです。

  • 正しい使い方は、凹んだくぼみの周りにグリーンフォークを刺して、くぼみの中心に向かって寄せる。それを数回繰り返す。反対に動かすと芝の根が切れて、芝がダメになってしまうので、注意!

  • 種類は大きく分けて、1本タイプと2本タイプがあり、使わないとルール違反ではないが、ゴルファーとして最低限のマナーということです。


    マナーを守って、お互い気持ちよくゴルフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*