ゴルフで100切りのコツは、3つのポイントを意識せよ!

ゴルフ-コース2-イラスト

100切りを経験した者だからこそ語れる、100切りのポイントを知りたくないですか?なかなか100が切れない、どうしたら切れるようになるんだろう?実は、みるみるうちにスコアアップに繋がる、3つのポイントがあったんです。

ゴルフで100切りを経験してわかったの3つのポイント!


100を切って分かったことがことが3つあります。


この3つを意識するだけで、おそらく限りなく100に近づくか、簡単に切れると思います。


まず一つ目は力まないこと!


スウィングする時って、どうしても遠くへ飛ばしたい、飛ばそうと力んでしまいがちなんですよね。分かります。


100を切れない時というのは、ナイスショットもたまには出るけれど、まだボールをきちんととらえられないことが多いと思います。そんな時に力んでいては、余計に当たらなくなります。


飛ばそうという気持ちは分かりますが、目標は100切りです。


まぐれで飛ばしたとしても、スコアに結びつかなければ、意味がありません。力まなくても、きちんとクラブフェースをボールに当てれば、勝手にボールは飛んでくれます。


飛ばそうと思うと、ヘッドスピードが早い方がよく飛ぶだろうから、速く振ろうとしますよね。そうすると力が入るのが手だけではなく、体全体にも力が入った状態になります。


そして、体がボールに対して突っ込んでしまい、シャンクしたり、まともにまっすぐ飛んでくれなくなります。


ですからまずは、力まずに、きちんとボールに当てること。これがまず第一です。

ゴルフで100切り、2つ目のポイントは?


打ったボールの行方を気にしないこと!



これは、わたしもなかなかできなかったことなんですが、スウィングしたら、まず打ったボールの行方を目で追ってしまうんですよね。そう、顔が早く上がりすぎてしまうんです。(いわゆるヘッドアップというやつです)


でも、気になるんですよね、ボールの行方が。打った瞬間から、ボールの行方が気になって、気になって、ついつい見てしまうんです。


顔が早めに上を向いてしまうデメリットとしては、ボールに対して目をつむって打ってるのと同じで、おまけに体も早めに開いたり、伸び上がってしまったりしてしまいますから、ミスショットが多くなります。。


ゴルフ雑誌なんかで、プロのスウィングの写真を見てみると、見事なまでにインパクトの瞬間って、顔が残ってますよね。

すごいなあって、見る度に毎回思ってました。


でも、実際自分がやるとなると、どうしてもボールの行方が気になってしまうんです。


では、どうすればいいのかって話なんですが、ボールの行方をそんなに早く気にしても、ボールの飛ぶ方向は変わらない、そう思うようにしたんです。



実際、ボールがクラブフェースから離れたら、もうあとはどうすることもできないんですから。


だったら早く見ても意味がないわけで、じゃ、気にしないでおこうと、考え方を変えました。


ボールの行方はインパクトで決まりますから、インパクトの瞬間までしっかりみてから、顔を上げようとしたわけです。


そうしているうちに、次第に体は慣れてきますから、ヘッドアップは直っていきました。


今では、ターフが取れる瞬間までしっかり見えますから、早く顔を開けていた頃よりも、逆にインパクトの瞬間を見ないと気持ち悪いというか、安心できなくなってきています。


ヘッドアップが直らないと思っている方は、参考にして見てください。早く顔をあげて、ボールの行方を追っても、ボールの方向は変わらないですから。

ゴルフで100切り、最後のポイントは?


気になる最後のポイントは何かをいうと、


スコアを気にせず、目の前のことに集中です。


ラウンド中はどうしてもスコアが気になってしまうんですが、気にしてしまうと、絶対崩れます。


ラウンド途中でスコアを計算して、100を切るにはあといくつとか、このホールのスコアはいくらまでとか、気にしなくてもいいことが気になって、いいことがありません。


わたしも初めて100を切ったときは、全く途中のスコアは気にしませんでした。


なんとなくいい感じかなという感覚はありましたが、1ホールずつしっかり回ることだけを考えていましたね。


特に後半は、前半を終えたらスコアを集計しますよね。そしたらその時にすでに100まであといくつって分かるわけじゃないですか。


だから、後半って前半に比べてプレッシャーが大きいわけですよ。


それなのに、ラウンド途中でスコアの計算なんかしたら、余計にプレッシャーを感じて崩れる原因になってしまいます。


坦々と、1ホール、1ホールこなしていくに越したことはないわけです。

まとめ


いかがでしたか?わたしの考える100切りのポイント3つ。

ここでまとめておきますね。

  1. 力まないこと。
    力みは全てにおいて、何もいいことはありません。
  2. ヘッドアップはしない。
    ボールの行方は、気になるのは痛いほどわかります。でも、早く顔をあげてもボールの飛ぶ方向は変わりません。
  3. ラウンド途中でスコアは気にしない。
    後半は、前半のスコアが分かっているわけですから、ただでさえプレッシャーなのに、さらにプレッシャーを大きくする必要はありません。

この3つは、わたしの経験上まずは抑えておくべき、100切りのためのポイントです。参考にしていただければ、嬉しいです。

そして、早く100を切れることを願っております。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*