ゴルフ用語の基本

ピンハイの意味を正しく知りピンハイなショットを目指す!

ピンハイの意味を勘違いされていませんか?わたしも言葉から想像して間違った意味でとらえていました。そもそもピンハイって英語なの?それとも和製英語?ピンハイの意味は意味として、知識として知っておくのがいいですが、そのことよりも大切なことがあるんですよ。

ピンハイって、ピンの奥ってことじゃないの?

ピンハイって言葉を聞いたことがあるでしょうか?


ピンハイ?パッと頭に浮かぶのは、ピンのハイ?ピンよりも上?ピンより奥ってことか!とわたしは思っていました。


ゴルフをテレビ中継で見ていた時のこと。選手が打ったボールがピンの奥ではなく、少し離れたピンの横あたりに止まったんです。


すると、解説者が「ピンハイにつけましたね。」と言ってたんです。???


えー?ピンハイじゃないやん!ピンの奥じゃなくて、ピンの横なのに、この解説者間違ってるやん!と思っていたんです。


どーもすみません。間違っていたのはわたしでした。


ピンハイはピンの奥と思っていました。


でもややこしくないですか?ハイ=高いとイメージしますよね?高いとなるとピンよりも高い、ということはピンよりも奥とどうしても思ってしまいます。(言い訳?)


でもこう思うのは、英語が苦手な日本人だけなのかなあ?


ピンハイって、英語ではホールハイ(hole-high)と言うそうなんですが、ピンハイ(pin-high)って和製英語なんでしょうか?


でも、ピンは英語でもゴルフの旗のことを指しますから、ピンもハイも英語なんですよね。


ということは、ピンハイって和製英語じゃないのか?と考えてしまいます。


いずれにせよピンハイの意味を、わたしのように取り違えないように注意してくださいね。

ピンハイって、そもそもどういう意味?英語?和製英語?

ピンハイと聞くと、どうしてもピンの奥って思いがちだけど、ピンと同じ高さという意味なんですね。だから、ピンハイ=距離感はあっている=ナイスショットと言えると思います。


例えば、2段グリーンとかでピンと同じ面にボールが乗った場合もピンハイなんですね。


要は、ピンと同じ高さ、同じ面にボールが乗れば、それはピンハイということなんですね。


やっぱりややこしいですね。そう思いませんか?


英語ではhole-high(ホールハイ )、ピンハイは英語じゃないのでしょうか?


もし完全な和製英語だとしたら、日本独自の使い方ということで、ピンハイ=ピンの奥という意味でもいいような気もします。


ピンハイの本当の意味を知っても、まだ馴染めないからなんですね。


日本では、ピンハイといえばピンの奥、本来のピンハイのことは、ピンの横とかでもダメか?余計ややこしいですかね。


もう慣れるしかなさそうです。はい、素直にそうします。

ピンハイの意味よりも大切なこと

ピンハイの意味ばかりみてきましたが、意味だけじゃなくその位置に自分でショット出来るようになることの方が大切です。


100切りレベルだとグリーンの乗せるのも一苦労なところがありますが、よりピンハイに近い位置に乗せられるようになりたいですね。


グリーンによって狙い所が変わってきますが、ゴルフ本来の目的は、狙ったところにボールを運ぶということですからね。


狙い通りに打てた満足感、爽快感は格別ですから。ゴルフの醍醐味のひとつだと思っています。


でもナイスショットばかりを求めるのではなくて、いかにミスを減らせるかの方がスコアに影響すると思います。


ミスをしないゴルファーはいません。プロだってそうです。


知識ばっかり詰め込んでも、体がいうことを聞かなければ意味ありません。


あとは、あなたがピンハイなショットを打つ番です。

まとめ

ピンハイややこしいですね。知らないで会話が食い違わないように、恥ずかしい思いをしないように、まずは知識として知っておいた方がいいと思います。

  • ピンハイとは、グリーン上に挿してあるピン(旗竿)よりも奥にボールが止まった状態のことではない。

  • ピンハイとは、ピンと同じ高さにボールが止まることをいう。2段グリーンとかでは、ピンと同じ面にボールが乗った場合もピンハイです。

  • ピンハイは英語では、hole-high(ホールハイ )。ピンハイは和製英語なのか?

  • ピンハイの意味を知るだけではなく、ピンハイなショットを打てるようになりましょう!

ピンハイの意味については慣れるしかないですね。

それよりもミスショットを減らして、スコアアップを目指していきましょう。

ピンハイなショットを打てるように頑張りましょう。

-ゴルフ用語の基本

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ