ゴルファー保険って必要?何か特別な補償があるみたいだけど?

危ないファー-イラストacworksさんによるイラストACからのイラスト

ゴルフに保険があるのを知ってましたか?わたしはゴルフに保険なんてあるのも知らなかったし、必要だとすら思ってもいなかったんです。そんなわたしがどうしてゴルフの保険に入ろうと思ったのか?それはわたしが初心者の頃に、ベテランの方から言われた一言だったんです。

ゴルファー保険とは?


ゴルフを始めた頃、「特に初心者はボールがどこに飛ぶか分からない。他人にボールを当てる場合も考えられる。だから、必ず保険にだけは入っておけ。」と言われたことがあります。


そう言われたらそうだなあと、その時はまだ保険には入ってなかったですし、というかほそんな保険の存在すら知らなかったですし、その日のラウンド中は、もしも他人に怪我でもさせたらと気が気じゃなかったのを覚えています。


それから何かあった時の備えのために、保険に入るようにしています。保険とはそういうものですし、保険料をケチってあとで痛い目に合うのは嫌ですし、車の保険と同じように、ゴルフする人は必ず入っておくべきだと思っています。


年間あまりラウンドしないという人は、年間の保険料が無駄だと感じることがあるかもしれません。


そんな場合は、1日保険をオススメします。ラウンド時の1日のみに効く保険があります。


何事もないのが一番ですが、いずれにせよ万が一のためです。何かあってからでは、遅いですからね。


何も他人の怪我だけではなく、自分の怪我やゴルフクラブについても補償があります。


あとこれはゴルフ特有になりますが、ホールインワンやアルバトロスに対しての保険もあります。


ホールインワンを保険会社が祝ってくれる?なかなか達成できないものだからお祝いしてくれるのかな?ぐらいに思っていましたが、実はゴルフ界には、世にも恐ろしい風習があったんです。

ゴルファー保険は必要?


ゴルファー保険の補償内容には、必ずと言っていいほどホールインワンの補償がついています。


これはどういうことかというと、ゴルフでは、ホールインワンを出した人が、お祝いをするという風習があるんです。


普通は逆だろ!と思うんですが、出した本人がパーティーを開いたり、記念品を送ったりするんです。そのための補償があるんですよ。びっくりですね。


アルバトロスは、初心者にはまずパー5のコースを2打でグリーンに届くなんてことはないだろうから無理だとしても、ホールインワンは、パー3のコースをワンオン出来るのなら、初心者であろうと可能性があるわけなんですよ。


だから特に大きなコンベなんかでホールインワンを出そうものなら、冷や汗ものらしいです。人数が多いとその分出費が増えるからです。


よく一緒にラウンドしていたベテランの方は、100万円の補償のホールインワン保険に入っていると言ってました。


プライベートでラウンドするなら問題ないですが、「コンペではホールインワンは出すなよ!」と言われていました。出すなよと言われてもこればっかりはどうなるか分からないものですしね。


でもわたし自身はまずホールインワンはないだろう、だから大丈夫と思っていました。実際大丈夫でしたけどね。


わたし自身はホールインワンの経験はないですが、あるコンペで前の組の方がホールインワンを達成されたのを目の当たりにしたことがあります。それ以外でも別のコンベで、ホールインワンを達成した人もいました。


いずれもパーティーへの参加と記念品をいただいたことがあります。この時初めて、ゴルファー保険の重要性を感じたものです。


そして確かにコンペではホールインワンはするものではないなと思ったものです。


ゴルファーに特化したこのホールインワン補償。面白いですね。では、これ以外の補償には何があるのでしょう?

ゴルファー保険はゴルファーの強い味方


ゴルファー保険は他人への怪我、ホールインワン以外にも、自分の怪我やゴルフクラブの破損や盗難等の補償もあります。(*保険会社によって、補償内容が違う場合があります)


これはありがたいですね。他人のみならず、自分の怪我の補償もですからね。ゴルフクラブの補償もうれしいですね。


特に盗難に関してわたしは経験がありませんが、ゴルフクラブの盗難の話しは聞いたことがあります。


全く何を考えてるんだかと思うんですが、他人のクラブを盗んでどうするんだってね。そんな盗んだクラブを使う気が知れないです。


いや、使うんじゃなく、売るのかも知れないですね。なるほど、それなら分かるか•••。いや、分かってどうするんだ!そこは理解するところじゃないだろ(笑)


いずれにせよ、ゴルファー保険は入っておくことをオススメします。

まとめ


保険なんて無駄だと思う人もいるかも知れませんが、何かあってからでは遅いですからね。もちろん、ないに越したことはないんですが、この機会に考えてもらえたらと思います

  • ゴルフをする人用のゴルファー保険というものがある。特に初心者は打ったボールがどこに飛ぶのか分からないし、他人を傷つける可能性が高いので入っておく方が安心。

  • ゴルファー保険にしかない特有なものがホールインワンやアルバトロスの補償。ゴルフ界にあるホールインワンを出した本人がお祝いをするという悪しき?風習を補償するためのもの。(保険会社が補償してくれるんだから、悪しき風習ではないのかも?)

  • ゴルファー保険は、他人へ怪我、ホールインワン以外に、自分の怪我、ゴルフクラブの破損や盗難にも補償があります。(保険会社によって補償内容が違う場合があるので、要確認)

ゴルフにも保険があるなんて思ってもみませんでした。

そしてホールインワンの補償。ホールインワンを出した本人は複雑でしょうね。本当は喜びたいけど、あとのパーティーや記念品のことを考えると気が重いというか、そんな感じなんでしょうね。

この風習がいいのか悪いのかは分かりませんが、ゴルファー保険は万が一のためにもに入っておきましょう。そして安心してプレーを楽しみましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*