100切り考え方

ゴルフスウィングの悩みは自然な体の動きに任せて解決!

ゴルフスウィングの基本って何ですか?ゴルフは、ただ止まっているボールを打つだけです。。それなのに難しく考えて過ぎていませんか?考えるよりも、スウィングの形を気にするよりも、ボールを打つことが先です。

ゴルフスウィングの基本って?

ゴルフスウィングの基本といえば、何でしょうか?


グリップ?アドレスの形?クラブの上げ方?トップの形?ダウンスウィングの仕方? インパクトの形、フォロースルーの仕方?体重移動?頭の位置を動かさない?左腕を曲げない?


基本と言われても何が基本なのか、よく分かりませんね。
でも、ゴルフスウィングに絶対はないと思っています。


絶対こうしなければいけないとか、絶対この形でなければならないとか、でもこうした方がいいとかはあると思いますけどね。


ゴルフスウィングも人それぞれ、個性があって当然だと思っています。


その人が気持ちよく打てれば、それがその人の基本となるものだと思いますから、考え過ぎずに、自分の自然の体の動きに任せてボールを打てばいいと思うんです。

ゴルフスウィングの理想とは?

ゴルフスウィングって、考えれば考えるほどどつぼにはまる気がします。
そして自分のスウィングが分からなくなります。


どうしてでしょうか?


それはだれかのスウィングにとらわれて、その形だけ真似しようとしているからだと思うんです。


他人の真似をしたところで、体格も体幹も違うわけですから、同じようにすることに無理があると思うんです。


ゴルフスウィングって、形が重要なわけではないと思います。


形なんてその人のスウィングの動きの中のひとコマでしかありません。形を気にするよりも、まず足元のボールをゴルフクラブで打つことが先です。


最初にスウィングの形を気にしても意味がなくないですか?


まずボールを打たないと始まりません。


そのためにボールの前に立って、クラブを構えて、目標に向けてそのボールを打つ。


そうボールを打つだけ。打つという動作だけ。他は何も考えません。ただ打つだけ。


形がどうの、体重移動がどうの、なんて余計なことは考えません。目標を決めて、ボールを打つ動作だけ。


それが、わたしの考える理想のスウィングです。

ゴルフスウィングの動きについて

ゴルフスウィングについて、悩んでいる人が多いですね。


テークバックのやり方、方向、トップの位置、形、クラブフェースの向き、左腕の形、バックスウィングのやり方、切り返しがどうの、タメがどうの、インパクト、フォロースルー、フィニッシュの形などなど。


みなさん、考えすぎではないですか?


考えすぎているから、動きがぎごちなくなって、ボールもまともにとらえられなくなっているのではないですか?


ゴルフスウィングって、人それぞれだと思うんです。個性が出て当たり前だと思っています。


逆にみんながみんな同じスウィングだとしたら気持ち悪くないですか?プロだって、ひとりひとりスウィングが違います。


だからひとのスウィングの形を気にしてもあまり意味がないように思います。


まして写真を見てこの形が理想とか、写真なんて一連の動きの中のほんの一瞬の一コマでしかありません。そんな形を真似しようなんて土台無理な話しです。


わたしからすれば、頭の中がこうしてああしてとがんじがらめになって、余計変なスウィングになっているような気がします。もっとシンプルに考えればいいと思うんです。


ただ、その足元のボールをゴルフクラブで打つだけです。難しく考えることはありません。


ゴルフスウィングの形を気にしても仕方ないです。考えすぎて、ぎごちなくなっているはずです。自然な体の動きに任せましょう。


一度何も考えずに、スウィングだどうの、クラブの上げ方やらトップやら、そんなことは気にせずにとりあえず足元のボールを打ってみてください。


何も気にしてはダメですよ。ただ自然に、体が動くままに、そのまま打ってみてください。


自分のスウィングがおかしくなって、分からなくなっている人は、何かつかめると思います。

ゴルフスウィングとは何?

ゴルフスウィングって、足元のボールをゴルフクラブで打つためだけの動きを、あえて分解して難しく考えたものだと思っています。


動きなんて人それぞれだし、違って当たり前だし、小難しく考えなくてもいいと思うんです。考えれば考えるほどわけ分からなくなってしまいます。


わたしがゴルフボールを生まれて初めて、何も考えず(ゴルフに関して何の知識もなかったので、考えることすらできなかったというのが本当ですが)、誰にも何のアドバイスももらうことなく、ただ自然とボールを打ってた時の方が上手く打ててたという事実。


あとあと要らぬ知識が増え、考えながら打つようになってからの方が、ミスショットが増えたという事実。


わたしが初めて100切りした時を思い返しても、スウィングのことなんて何も考えていなかったですね。ただ単にボールを打ってただけ。


程よく力も抜けて、(流石にドライバーは力みが出たのか、OBは数発ありましが)リラックスした状態で、迷いもなく、その時だけ別人になってた感じなんですよね。


だから、ガチガチに考え過ぎずに、自然と体の動きに任せた方がいい結果が出ると思います。実際わたしがそうでしたから。


考えることによって、シンプルな動きがより複雑になって、スムーズに体が動かなくなっているかもしれませんよ。


頭で考えるより、自然な体の動きに任せた方がいいと思います。

まとめ

ゴルフって、止まっているボールを打つのにたった数秒。ただそれだけのためにあれこれ考えても仕方ない気がするんです。

何か動作をする場合、例えばボールか何かを投げる時に、足の位置はここで、幅はこれくらいで、腕をあげる方向はこっちで、形はこうで•••とか、考えないでしょう?

自然と何も考えずに投げるはずです。

ゴルフも一緒だと思うんですよね。考え過ぎないことです。

  • ゴルフスウィングの基本は、難しく考えずに、ゴルフボールをゴルフクラブで打つというだけ。

  • ゴルフスウィングの理想は、何も考えずに自然の体の動きに任せて、スウィングすること。

  • ゴルフスウィングって、完璧な形が存在するわけではない。人のスウィングの形だけ真似ても意味がない。

  • ゴルフスウィングをあえて難しく考えることはない。頭で考えるより自然な体の動きに任せた方がいい結果が出ている。

ゴルフは止まっているボールを打つので、簡単そうに思えるけれど、実際やってみるとなかなか思うように打てないんですよね。

これって、動きのあるものだったら何も考えずに、体が勝手に反応してとかがあると思うんです。

止まっているボールに対しては、自分から動きを仕掛けていかなくてはいけないというところに難しさがあるのかなと思えてきました。

だから考え過ぎてしまって、自然な動きができなくなってしまうのでは?

目的はあくまでもボールを打つことであって、スウィングの形ではないんです。

-100切り考え方

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ