ゴルフパターの選び方と打ち方!自宅練習でスコアアップ!

ゴルフ-クラブ(パター)-イラストacworksさんによるイラストACからのイラスト

パターにも色々な種類があるけど、どれを選べばいいの?打ち方もショットのようにこうしなければというポイントみたいなものがあるの?パターの練習ってなかなかやる場所がないと思うんだけど、どうすればいい?結局パターってどうなの?

ゴルフパターにも種類があるけど選び方は?


バターにもいくつかの種類があります。どれが良くてどれがダメなのかなんてないと思います。


プロだって使っているパターはまちまちです。おまけに試合のたびに変えるプロもいます。


自分に合うというか、自分が気に入ったもの、自分が打ちやすいものを選べばいいと思います。


ちなみにわたしの場合は、最初は借りたクラブでしばらくラウンドしていました。パターは薄いヘッドのT字型のパターでした。


そのあと、マレット型にして、そしてキャメロンに憧れて、ピン型にしました。(キャメロンは高くて手が出せなかったので、使っているのはキャメロンではないです)


不満点を挙げるとすれば、重量が軽いということです。そのためソールに鉛を貼って、調整しています。

ゴルフパターの打ち方ってあるの?


パターのグリップはこうして、腕の形はこうで、ボールの位置のここで、そしてまっすぐ引いて、まっすぐ打つ•••。


なんてことをパットを打つたびにやっていますか?


パットに限らず、ゴルフのショットにしても、グリップの形、アドレス、クラブのあげる方向、トップの位置や形、クラブを下ろす方向、インパクト、フォロースルー、体重移動も考えながら•••。


なんてもうわけ分からなくないですか?


わたしはもっとシンプルに考えるというか、何も考えないくらいが理想だと思っています。自分が打ちたいように、打つ。自然と体が反応するがままに。


あれこれ余計なことを考えすぎて、より難しくしているのではないか、と考えているわけです。


ですから、パットも目指すホールにボールを入れればいいんですから、入るように打つ。これのみです。


どれだけの強さで打てば、どれだけ転がるのか、まして、グリーン自体にも傾斜があり、どの位置から打つかによっても、同じ距離でも強さを加減しないといけないというのはあります。


この辺りはもう感覚以外ないんですね。本人の感覚です。


まずは基本的な距離感を養う必要があるでしょう。


こう構えてこう打たないといけないと、ガチガチに考えるよりも、自然に構えて自然に打つ、といった感じの方がいいと思うんです。

パターマットでの考え方とは?


パターの練習って、普段は家ぐらいしかできないですよね。


打ちっ放し場にパターが練習できるところもありますが、あとは、コースに行った時の練習グリーンぐらい。


自宅にパターマットを持ってる人も多いと思います。そして、時間が出来た時に少し転がす程度なんですよね。


パターマットは距離が決まっているから、厳密には距離感は養われないですし、そこが欠点といえば欠点かもしれません。


でも、コースに行くまで何もしないよりは全然、やったほうがマシだと思います。パターマットの距離を得意距離にするぐらいに、練習すればいいのではないでしょうか。


打つ時にあれこれ考えなくても、自然と打てるようにね。


形にとらわれることなく、形ってパットにしろ、ショットを打つときのスィングにしろ、動きの中の一部分ですから、この形になるようにではなく、自然とその形になっているというのが理想だと思うんです。


余計な思考ははさまない、それがいいと思います。

パターはスコアに直結!?


ゴルフスコアに対するパットの割合って40%なんですって。


これはどのレベルの人でもそうで、そう考えると、パット数を減らせばもろにスコアに直結するということになりますね。


たかがパット、されどパット。


パットの大部分は感覚によるところが大きいと思います。打つ強さ、打つ方向。


特にまずは距離感が大事だと思います。


パットした時に、多少方向がずれてラインから外れたとしても、距離感さえ大幅に間違えてなければ次のパットでカップインできますからね。


あとは、精神的なところも大きいのではないでしょうか。プロでさえ、1mもない短い距離を数パットする時もあるぐらいですから。


やはりメンタルのスポーツなんですね、ゴルフは。


自分にあったパターが見つかればいいですね。

まとめ


パットを見てきましたけど、ゴルフにとってパットは重要なんですね。パットの良し悪しでスコアが決まってしまうんですから。だから、『パットイズマネー』と言われているのかもしれませんね。

  • ゴルフパターにも数種類があるが、どれがいいとかはなく、自分の好みで選べばいい。

  • パターの打ち方も、こうしなければならないという決まりというものはない。自然に構えて打つ。これのみ。

  • パターの練習は自宅でパターマットという形が多いはず。この場合色々な距離感掴むのが難しいので、パターマットの距離を得意距離になるように練習すれば良い。

  • ゴルフスコアに対するパットの割合は40%。パット数を減らせば、100切りも近づきます。プロでも短い距離を外す場合もあるので、精神面で負けないように。

わたしはパットが唯一、我々アマチュアがプロに勝てるというか、勝負できるものだと思っています。ショットではまずかなわないですが、パットは感覚の部分が大きいのでそう思ってます。

18ホールのうち、長いパットが入ったり短い距離を外したり、その度に一喜一憂して、ドライバーの飛距離も魅力ですが、そんなところもゴルフの面白さの一つでもあると思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*