ダフリって何?原因って何が考えられる?直し方も知りたい!

ゴルフ-ミスショット(男性)-イラスト kakeccoさんによるイラストACからのイラスト

ゴルフでよく聞くダフリ。ダフリとはどういうことなのか?その原因とはどんなこと?直し方があるなら知りたいですよね。実は無意識で、ある思いが出てしまっているのかもしれませんよ。

ダフリとかダフるとかどういうこと?


ダフリとかダフるとか、ゴルフを始めると耳にする言葉。


ゴルフをしている人で、ダフったことがないなんて人はいないと思います。それだけ当たり前のことだと思います。


当たり前に起こることだけれども、起こってほしくないことなんですよね。


前置きが長くなってしまいましたが、ダフるというのは、ゴルフでボールを打つ際に、クラブがボールよりも先に地面に当たってしまうことです。


ボールの手前からクラブが入りますから、もちろんボールは飛びません。そして、ボールの手前に穴を掘ってしまうことになります。


わたしが初心者の頃、ダフったショットをすると、同伴者が「ダフるとボールは飛ばないけど、まっすぐ飛ぶ。」と言っていましたね。


へぇー、そういうものなのかと、自分の打ったあとのボールの手前の大きな穴と、まっすぐに全然飛ばないボールを見て、本当だなあと思ったものです。


このダフリをしてしまうと、結構落ち込むんです。そして、ショットするたびにまたダフるんではないかという思ってしまって、怖くなります。


できればやりたくない、ダフリ。


そもそも何でダフリが起こってしますのでしょうか?様々な要因があるようですが•••。

ダフリの原因は何が考えられる?


ダフリがなぜ起こるのか?


単純に考えてアドレスしたところにクラブが来ていない、ずれているということなんですよね。


飛ばそうとして、腕に力を入れすぎている、右足で地面を蹴りすぎている、体が突っ込みすぎている、ボールをあげようとする打ち方をしているなど、色々なことが考えられると思います。


わたしが思うには、まず『飛ばしたい』、この意識が強すぎて、(無意識のままかもしれない)特に、腕に力が入りすぎているのがよくないと思っています。


飛ばしたい意識をなくすのが先決で、リラックスして打てば、ひどいダフリは起こらないと思います。


腕に力を入れてもボールが飛ぶわけではなく、きちんとクラブフェースとボールが当たらないと意味がありません。


力を入れてダフって距離を損して落ち込むよりも、力を抜いてきちんとボールをとらえて、ボールを前へ運ぶ方が、距離も稼げて、気分も良くて、一石二鳥です。


ゴルフは距離を競うものではありません。力を入れるよりは、脱力した方がいい結果が待ってますよ。

ダフリの直し方があれば知りたい!


ダフリが出た場合、わたしは力の入りすぎが1番の悪さだと思っているので、まずは力を抜く。ということを意識します。


どうしても飛ばそうと思う気持ちはよく分かります。これはゴルファーの性(さが)なのでしょうかね。


そうすると、力が入る、早く振ろうとする、そして失敗するという悪循環。いかに脱力できるかが、ゴルフ上達の一つのポイントではないですかね。


一回ダフると1打損した感じで、気分が沈む。距離を損したから、今度はより飛ばそうとまた力む。


ゴルフはメンタルのスポーツだと言われています。今まで調子よかったとしても、たった一つにミスから崩れることもあります。



自分の気持ちをコントロールしないと18ホール持ちません。


ゴルフはミスをするものです。プロだってそうです。


ミスもなく18ホール、(いや4日間だから72ホールですね)回れれば全ての試合で勝つでしょう。そんなことはあり得ません。


だからミスを引きずらないことが何より大事なんです。気持ちの切り替えですね。


ましてプロならともかく、我々アマチュアゴルファーなんですから、ラウンドは楽しみましょうよ。


ミスして落ち込んで、機嫌悪くなって、同じく組で回っている人たちにも気を遣わせて、何もいいことはありません。


ダフってもというかダフるぐらいのミスなんて、大したことないと思って、リラックスです。笑って、引きずらないことです。

まとめ


ダフるということについて見てきました。実際ダフるぐらい、OB出すより全然精神的にも楽ですし、それぐらいで落ち込んで、繰り返さないようにということでしたね。

  • ゴルフを始めるとよく耳にする『ダフる』という言葉は、ボールより前にクラブを地面に当ててしまうことでした。ダフるとボールの前に穴を掘って、ボールも飛ばない。一度出ると繰り返してしまう恐れがある。

  • ダフリの原因については、色々考えられるが、一番は飛ばそうという意識(無意識かもしれない)が働いて腕に力が入るのが、悪さしていると考えられる。

  • ダフリの直し方については、リラックス、そして脱力。そして、ダフったミスを引きずらないメンタルが大切。

ダフリは恥ずかしいですが、ターフは綺麗に取れれば気分も良くて、カッコいいんですよね。

打った後は同じような穴が出来上がりますが、ボールの前にできるのと、後ろにできるのとでは大違い。

でもダフリぐらいで機嫌悪くしないで、気持ちよくラウンドしましょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*