100切り

ゴルフ100切り!ボールに慣れる?自宅の部屋での練習!?

100切りの練習を打ちっ放し場だけではなく、普段からできればやりたいですよね。まずはボールに慣れることが一番ですが、そのためにやれることって何かあると思いますか?また、自宅の部屋の中でもできる練習法があれば知りたくありませんか?

ゴルフ100切り!クラブとボールを味方にする

ゴルフで100を切れるようになるために、クラブとボールの扱いに慣れるというのが近道になると思います。


ゴルフクラブでボールをどのようにとらえるかというと難しそうですが、クラブの芯にボールを当てるようにすることがまず先決。


飛距離を求めたり、ヘッドスピードを気にしたり、それは今は置いておいてください。


まだまともにボールに当たらない状態だから、(当たったとしても低い確率かまぐれが多いはずです)スコアにならないわけで、ボールをクラブでコントロールできるように慣れることが大切です。


何も打つだけではなくて、サッカーのリフティングみたいに、クラブフェースでボールを何回も繰り返し、「コーン、コーン、コーン•••••」と打つのもいいですね。ジャグリングですね。


打ちっ放しの練習場だけでボールに触れるだけではなく、なるべくクラブとボールに触れる機会を増やすことが大事だと思います。


でも、自宅ではクラブなんて振り回せないし、ボールも打てないし、どうすればいいのでしょう?わたしの自宅での練習法をご紹介します。

ゴルフ100切り!自宅での練習法

わたしの場合は、畳の大きさは6畳あったかどうかぐらいの部屋に(そのままでは畳が痛むので)、マットかいらないタオルかを敷いて、そこから打つ練習をしていました。


打つといっても、まともに打っていては部屋の中が穴だらけで傷だらけになってしまいますよね。


思いっきり打てない分、まずは1ヤードを打つことにしました。


キャリーで1ヤードです。クラブはウェッジです。


そう、たった1ヤードです。たかが1ヤード、されど1ヤードです。


クラブのあげる大きさ、ボールの捉え方、力の入れ具合、このたった1ヤードを打つということが最初は、なかなかできないんですよ。


初めは恐る恐る、1ヤードも飛ばない。

『もう少し力を入れないとダメか、うん、こんな感じか、あれ、さっきは出来たのにまたダメだ、なかなか安定しないなあ、毎回飛ぶ距離がバラバラだ•••』


ボールの位置、クラブフェースの向き、右手の使い方、力の入れ具合等、考えることがいっぱい出てきます。


そういうことを、時間があればやっていました。この1ヤードの練習は、ボールに対するクラブフェースの使い方が身につきます。


ほんと、地味な練習というか、作業みたいな感じで嫌になってきますけど、わたしは有意義なことだと思っています。


部屋の中では、1ヤードがやっとだと思いますが、本来なら、1ヤードができれば、次は2ヤードと、徐々に距離を伸ばしていくようにできればなおいいですね。


打ちっ放しの練習場に行った時にも、最初にこの1ヤード練習法からやって、徐々に距離を伸ばしていって、本来のスウィングに持っていくというのが理想だと思います。


でも、打ちっ放しで1ヤードなんて打ってる人って、見たことありませんよね。それに周りの目が気になりますし。実はわたしもそうでした。


ボールも無料ではないのだから、1ヤード打つのも、ドライバーでかっ飛ばすのは同じ1球ですから、そんなもったいないことはできない。なんて気持ちも分かります。


でも、絶対無駄にはならないと思っています。まずは短い距離の扱いに慣れる方が先です。


練習場で1ヤードっていったら、打席のマット上で事足りる距離かもしれないですね。

そこは、工夫して5ヤードとか自分で決めて、その距離から始めればいいと思います。


自宅での練習の上達具合も感じられるでしょうし、いきなり打つよりは、体への負担もなく一石二鳥だと思います。

ゴルフ100切り!1ヤード練習

先ほど紹介した1ヤード練習ですが、おそらくほとんどの人はやったことがないと思います。


そんな短い距離を練習しても意味がないとかいって、やりたがらないんですよね。


でも、この練習をしていると必ずライバルよりも早く100切りに近づきます。


わたしはこの練習が、特にゴルフを始めて間もない人や、なかなか100を切れない人にとって、ゴルフの基礎の基礎のような気がしています。


クラブはウェッジですが、慣れてくれば他のクラブでやって見るのもいいと思います。


確かに地味でかったるくて、面白くない練習です。しかし、必ず上達の手助けになります。騙されたと思って、一度やってみてください。


最初は全くうまく打てないと思います。すぐに嫌になると思います。でも続けて行けば、期待を裏切らないと思います。


注意点としては、毎回フェースの向きや力の入れ具合、振り幅等を確認しながらやってくださいね。1ヤードがバラつかずにその距離が出せればいいですね。


特に右手の使い方が肝になってきます。インパクト時の右手の使い方ですね。


これができてくれば、まずアプローチが怖くなくなります。グリーンを外しても、安心できます。ショットも安定してきます。もちろん、100も切れます。

 

ゴルフ自宅練習プログラム

まとめ

100切りのためにはボールの扱いに慣れることが先でしたね。自宅でできる1ヤード練習も効果抜群!効果はあっても、面白くないところがたまに傷なんですけどね。

  • 100切りのためには、まずはクラブとボールに慣れること!打たなくても、クラブフェースでボールをリフティングしたりするのもいいですね。

  • 自宅の部屋の中では、傷がいかないように工夫して、1ヤードを打つ練習をしましょう!できれば打ちっ放しにいった時も、この打ち方から入れば、日頃の練習の上達具合の確認もでき、体への負担も減って一石二鳥です。

  • 1ヤード練習はゴルフの基礎の基礎。地味で面白くない練習ですが、続ければ必ず100切りに近づきます。

1ヤード練習、ぜひやってみて欲しいですね。日頃のこういったことをコツコツ続けることが力になっていきますよ。

-100切り

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ