100切り考え方

ゴルフはメンタル!実は悪者?強くするには?技術はどう?

ゴルフはメンタルだとよく言われますが、本当にそうでしょうか?悪い結果を全てメンタルのせいにしていませんか?打つ前の思いがそのまま結果になるということは•••。メンタルと技術を天秤にかけるとどうなる?

メンタルが弱いのが悪い!?どうすればいい?

ゴルフでメンタルが弱いからスコアが悪い、調子悪くなった、ミスばっかり•••。メンタルが弱いことを強調する人がたくさんいます。


メンタルさえ強ければいいスコアで回れる?ミスショットしない?本当でしょうか?何でもかんでもメンタルのせいにしていませんか。


そうすればスコアが悪い言い訳、ミスショットの言い訳になると考えていませんか。そうした方が何かと楽なんですよね。


全てがそうだとは言いませんが、当てはまるところもあるのではないでしょうか?スコアが悪いのも、ミスショットも自分のせい。誰のせいでもない。技術力のなさ、体力不足、集中力が続かない•••。


メンタルと一言で言い訳せずに、気になるところを思い出して、どうしてあのホールから崩れたんだろう?どうしてあの場面でミスショットしてしまったんだろう?と自己分析してみることをオススメします。


この時後悔はいりません。あの時あれさえなければ100切れたのにとか、 先に打った奴がミスしたからそれにつられたんだとか、そんなことはどうでもいいです。


まずは自分のミスを周りのせいにせずに素直に見つめ直す。そうすれば自分自身の弱さが見えてきます。その弱さが分かれば否定せずに逃げずに、まずは認めてあげる。


そうしたらその弱さを克服できるようになります。全てがメンタルのせいと言えなくなると思いますよ。

メンタルを強くする考え方

自分はこうだから、わたしは今までこうだったから、などとそういった前提で考えていませんか?


もしくは無意識のままそうなってしまっているかもしれませんが、そういう思いがそのまま結果として出ているだけではないですか?


まずその考えをやめましょう。その思い込みをやめましょう。


思い通りの結果になるということは、やっぱりそうなんだよな、やっぱりこうなったかと、最初から悪い結果を待ち望んでいるんです。


だって、思い通りになったわけですから。願いが叶ったんですよ。


え?何も悪い結果なんて望んでないよ!


と思うかもしれませんが、打つ前に思ったことがそのまま結果として出ているんですから、それは願いが叶ったことになるんですよ。


だから、悪いイメージは消して、いいイメージを思って打てばいいわけです。


そんなに上手くいかないよと思われるかもしれませんが、悪いことを考えて打つよりはるかにいいです。


いいイメージして打つ、ただそれだけです。

メンタルと技術どっちが大事?

いいイメージをして打つことをお話ししました。


そのイメージしたショットを打つにはある程度の技術が必要になってきます。いくらイメージしたところで打てないものは打てませんから、高望みしすぎてもダメです。


ですから今の自分に打てること前提で、その範囲内での話しになります。


プロのようなミラクルショットなんて土台無理な話しですから。あとは自分の技術力を磨くしかないですね。


いいイメージで打つ。そのイメージの選択肢が増えてきたなら、技術も上がってきている証拠です。


いくら鋼のメンタルで、『何事にも動じない』人がいたとして、技術がなければ打てないこともあることを考えれば、まずは技術力をあげる方が先。


というか100切りレベルならそんな高度な技術力は必要なく、メンタル云々よりも、まずはきちんとクラブでボールをとらえられること、これに尽きると思います。

まとめ

ショットを打つ前の気持ちって大事なんですね。悪いイメージのまま打って、悪い結果はその思いが結果として現われただけなんて、もういいイメージでしか打ちたくないと思いませんか。

  • 悪い結果を全てメンタルのせいにせず、そのミスを認めて自分の弱いところを見つめ直すのが良い。

  • メンタルが弱いという前に、悪いイメージのまま打ってそのままの結果になっているのだから、いいイメージのまま打てばいい。

  • メンタルか技術かではなく、まずはきちんとクラブでボールをとらえられるようになることが先決。

メンタルについて見てきましたが、いかがでしたか?
打つ前の考え方一つで結果も変わってきます。

その前にボールをきちんとクラブフェースで打てるというかとらえられること、これが大前提ですよ。

頑張りましょう!

-100切り考え方

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ