ゴルフは飛距離が一番?飛距離とスコアは比例する?

ゴルフ-アプローチ-弾道-イラスト

ゴルフは飛距離が出れば確かに有利なことはありますが、確実にスコアが良くなるかといえばそんなことはありません。

スコアの要はグリーン周りです。まずはこのグリーン周りのスコアを意識すれば、スコアは一気に良くなります。

一か八かのショットなんて無謀です。そんなショットはプロに任せましょう。

確実に前に運んで、一つでもスコアを縮めましょう。そして100を切りましょう。

ゴルフの基本はショートゲーム


ゴルフのスコアを作っているものそれは、ドライバーの飛距離ではありません。いくらかっ飛ばしたとしても、その飛距離がスコアを良くするわけではありません。


スコアの要はショートゲームです。いわばグリーン周りからのショットですね。


厳密には決まっているわけではありませんが、ここでは100ヤード以内としましょう。


この100ヤード以内から何打で上がれるのかが重要になってきます。


これは何も100切りのためとかではなく、技術が上達して90台、80台になったとしても必要なことですから、初心者ならなおさら力を入れるべき点だと思っています。


ショートゲームに自信がつくと、グリーン周りが怖くなくなります。


100切りレベルだとまともにグリーンに乗らないことの方が多いですから、なおのことショートゲームが大切です。


わたしはゴルフは、飛距離<スコアだと思っています。いくら飛ばしたところで、スコアに結びつかなかったら何にもなりません。


まして100を切りたいのならば、スコアを縮めることが最優先です。100ヤード以内を特に意識してみてください。

ピンを狙うには100年早い!?


ティーショットでは、ドライバーを振り回し、ラフからでもグリーンがブラインドになっていても、どんな状況でも危険を省みずピンを狙って打っていく。


林の中からプロみたいに狭い隙間を狙って打って、木に当てて余計ボールが後退したり、打ちにくい場所に止まったり。


素直に横に出せば小難で済んでいるものを、一か八かのショットをしてしまうから大難になってしまうんです。(はい、全てわたしの経験談です)


何もそんなに果敢に攻めなくても、というか攻める技術もないのに、そんな無謀なショットを選ぶから大叩きに繋がってしまうんです。


どんな状況からでもピンを狙わなきゃなんてことはありません。冒険する必要もありません。


100切りが遠のくだけです。安全策でいきましょう。ピンを狙うのは100ヤード以内です。この距離になってから意識しましょう。

欲張るからバチが当たる!?


コースでは取り敢えず、残り距離から考えてなるべく前へ飛ばそうと大きなクラブを握りがちです。というか最初はその考え以外思いつかなかったんですがね。


そのためミスが増え、スコアにならない。チョロ、空振り、右へ大きく曲げてOB、ダフって全然距離を稼げずなど、ミスのオンパレード。


こんなことをやっていてはスコアが縮まることはありませんね。欲張ってはいけません。冷静になりましょう。


そのクラブでまともに打てる確率はどのくらいですか?確率が低いと感じるなら、確実に前に飛ばせるクラブを使うことです。


ミスして落ち込むよりも距離は出せなくても、気持ちよく前に飛ばせるクラブで打った方が気持ちも安定します。スコアもよくなります。


いかに冷静にプレーできるか、もちろん攻めるべきところは攻めなくてはいけないでしょうが、100切りレベルではそんな場面はまずないでしょうから(笑)


気持ちよくプレーして、スコアもよければいうことないですよ。

まとめ


技術も何にもないのに、やたらと攻めのプレーを選んでしまう初心者。そして当たり前のように撃沈。

これってゴルフ初心者あるあるなのかな?わたしもそうでした。怖いもの知らずということなんでしょうかね(笑)

  • ゴルフのスコアを作るのはショートゲームです。(100ヤード以内)

  • 無理してピンを狙わない。狙うとしたら100ヤード以内で。

  • 打てる確率の低いクラブを握らない。確実に前に飛ばせるクラブでミスを減らすこと。

コースではピンまでの残り距離を縮めようとクラブを選択しがちですが、見栄を張って?打てないクラブで打ってミスしていては、見栄を張る以前の問題になってしまいます。

見栄よりもスコア、ミスするよりも確実に打てるクラブ、すると100切りがすぐそこです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*