ゴルフ用語の基本

アプローチって実は何?種類もあるの?100切り間近って?

アプローチってなんとなく分かるような分からないような、そんなアプローチというものを詳しく見ていきたいと思います。一見地味に思えるかもしれませんが、実はとても大切なものだったんです。

アプローチって何?よく聞く言葉だけど•••

アプローチという言葉はよく聞きますよね?


では、アプローチとは何なんでしょう?


簡単に言えば、グリーン周りの短い距離から、カップに寄せるためのショットのことです。


このグリーン周りからのアプローチ(寄せ)は、100切りを目指す人にとってはとても重要になってきます。


ここで自信を持てるようになると、大幅にスコアが縮まります。


まずは100ヤードあたりからの距離を、重点的に練習した方がいいと思います。


100切りレベルでは、パーオンなんてなかなか出来ませんから、グリーン周りからのアプローチでいかにカップに寄せられるかが大事です。


ドライバーの飛距離を気にしている場合ではありません。


アプローチの方がスコアに響きます。


ほんと、ここをおろそかにしているとスコアが縮まりません。


そんなアプローチにも、いくつかの種類があるらしいので、見ていきましょう。

アプローチにも種類があるの?

アプローチと一口にいっても、いくつか種類があります。


まずはチップショット。
ランニングアプローチと同じだと考えていいと思います。


要は転がして寄せる打ち方です。


ホールまでの間に何も障害物がなければ、この打ち方が一番簡単で、確実だと思います。


次に、ピッチショット。


これは、ボールを上げる打ち方です。
上げて寄せる。転がしが出来ない場合や、少し距離がある場合に使われれますね。


似たような言葉で、ピッチエンドランというのもあります。


この打ち方もボールを上げますが、転がしとセットで寄せるやり方です。


最後に、ロブショットですね。
ボールを高く上げて止める打ち方です。


ミケルソンが抜群に上手いですね。この打ち方はなかなか難しいので、今のところは真似しないほうが無難です。


100切りのためには、ロブショットはいりません。ロブショットを練習するなら、他のアプローチを練習する方が絶対重要です。

アプローチに自信が持てれば100切り間近!?

アプローチって、本当に重要なんですよ。


アプローチがうまくいかないと、スコアがどんどん悪くなっていきます。


せっかくグリーン周りまできて、そこから何打も無駄にしていたら、もったいないったらありゃしない。


このグリーン周りが怖くなくなれば、スコアアップも見えてきます。グリーンを外しても安心できます。


100切りに近づくためにも、アプローチをおそかにしないでほしいなと思います。


ゴルフは上がってなんぼです。

 

アプローチ革命

まとめ

アプローチを見てきましたけど、スコアの鍵と言ってもいいくらい重要なポイントなんですね。

  • アプローチとは、グリーン周りの短い距離から、カップに寄せるためのショットのことでした。

  • そのアプローチも寄せ方によって、種類があります。

    転がせて寄せるチップショット(ランニングアプローチ)
    上げて寄せるピッチショット。
    上げて転がしてセットで寄せるピッチエンドラン。
    ふわりと高くボールを上げて寄せるロブショット。

    ロブショットは難しいので、まだまだ真似しないほうが無難ということでした。

  • アプローチの良し悪しで、スコアにもろに影響します。100切りのためにも、おろそかにしないでおきましょう。

アプローチって、地味だし、なかなか練習もできないかもしれませんが、ほんと軽視しないでもらいたいなと思います。


そして、自信が持てるようになれば、確実にスコアは良くなっているはずです。

アプローチで、ボールをホールに近づけた時の快感はたまりませんよ。

-ゴルフ用語の基本

© 2020 滝尾一治の楽しむゴルフ