サイト内検索

ゴルフクラブに対しての誤解

ゴルフクラブに対する誤解

ゴルフクラブ

14本のゴルフクラブ

ゴルフクラブは大きく分けて、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、パターに分けられます。

長さはドライバーが一番長く、ウェッジが一番短くなります。 パターは通常は短いんですが、中尺や長尺といって、シャフトが長いものもあります。 逆に重さは、ウェッジ(パター)が一番重く、ドライバーが一番軽くなります。



ゴルフクラブの長さと重さの関係
クラブドライバーフェアウェイウッドアイアンウェッジ
長さ一番長いドライバーより短く、アイアンより長いフェアウェイウッドより短く、ウェッジより長い一番短い
重さ一番軽いドライバーより重く、アイアンより軽いフェアウェイウッドより重く、ウェッジより軽い一番重い

一般的な組合せは、ドライバー 1本、フェアウェイウッド(3W、5W) 2本、アイアン(3I-PW) 8本、ウェッジ2本、そしてパターの合計14本です。

キャディバッグ入れるゴルフクラブの本数は、14本と決まっています。正式な試合やプロのトーナメントでは、もし15本以上入れたままプレーすれば、ペナルティが課せられます。

最近では、アイアンよりウッドのほうがやさしいとのことで、ウッドの数が多い組合せも多く、販売されているアイアンセットも5Iからとかの6本セットもあり、アイアン大好きな私としては、寂しい限りです。

人気や見た目に惑わされない

調整してもらった14本のゴルフクラブ

最近、このゴルフクラブについて、一般のゴルファーがもっと気にして欲しいことがあります。それは、見た目は同じでも、中身は別物だということです。

どういうことかといいますと、クラブというのは、ヘッド、シャフト、グリップが一つとなって成り立っています。それぞれに、製造時の公差があり、おまけにヘッドとシャフトを組み合わせる時の誤差もあります。ひとつとして同じものはないと思ったほうがいいです。

よくあるのが、ヘッドに対して、シャフトが斜めに入っていることです。また、無理やりバランスをとるために、シャフトの中に鉛を大量にいれたりしています。

メーカー品だから大丈夫なんて思ってませんか。メーカー品といえども、大量生産品ですから、安心できません。

カタログ値はあくまで理想であって、狂っているのが現状です。調整は、ショップで頼まなければいけませんが、どこでもいいというわけではありません。あくまでも信頼おけるショップ(私のおすすめです。)で見てもらってください。そうしないと余計悪くなることもありますので、注意してください。

仲間はずれを作らない

自分に合った、信頼の置ける14本のゴルフクラブ

最低でもアイアン(ウェッジ)は、ロフト、ライ角の調整は必ず必要です。アイアン(ウェッジ)だけ見てもらえばいいというわけではなく、ゴルフクラブは14本のバランスが大切ですから、買って今までそのままで使用している方、あとから買い足したり、買い換えたりした方たちは特に、ご自分のクラブを診断してもらってください。そして、14本のバランスを考えた調整をしてもらってください。

それほど、ゴルフクラブというものは、市販のままでは信用できないものなんです。

そして、ご自分のクラブをよく知ってやってください。今までのゴルフが変わります。

自分に合った道具が上達の近道

間違ったクラブのまま、一生懸命まっすぐに飛ばそうとしていませんか。スウィングがおかしくなってしまいます。ご自分のクラブのことですから、よく知っておいてほしいんです。必ずスコアアップにもつながります。

まずはクラブを良く知り、惚れることです。そうすれば、所有する喜びがわき、練習にも身がはいります。このクラブ、いまいち苦手だなあ、いまいち好きになれないなあ、とそういう気持ちでは、道具だっていい仕事をしてくれません。 恋人のように惚れて、大切にしてあげてください。 大丈夫、きちんと働いてくれますよ。

ご自分の使うクラブを知ることが上達への近道です。
ゴルフクラブの診断をお受けすることをオススメします。


Copyright (C) 2006-2012 square-roll.com All Rights Reserved.