サイト内検索

ゴルフグローブはサイズ選びから

ゴルフグローブ

初めての一枚

ゴルフグローブ

1枚目は近所のホームセンターで購入。白が欲しかったがサイズが無かったので、仕方なく黒にしました。その後、ゴルフ店に行った時に、500円のを見つけたのでサイズを確かめていると、店員のお姉さんに、「こちらのはいかがですか。耐久性があり、おすすめです。」と言われました。値段を見ると1,500円!「高っ!いえ、こちらの安いほうでいいです・・・。」と、心の中でつぶやきながら、断りきれずにその1,500円のを買ってしまいました。でも、耐久性はかなりよく、長い間使用しました。今は、後輩にあげたので手元にはないですが、あのお姉さんの言っていたことは、本当でした。今から思えば、いい買い物だったと思います。

右ききなら左手に

ゴルフグローブは、右利きの人なら左手に装着します。(左利きなら右手)しない人もいます。ですから、なくてもゴルフはできますが、グリップ力、左手とクラブの一体化という意味でするのだと思います。

パッティングでは、はずす人が多いです。これは、デリケートなパットでの、手の微妙な感覚を感じたいからです。

素材に注目

ゴルフグローブは大きく分けて、2種類の素材に分かれます。天然皮革と人工/合成皮革です。それぞれ特徴がありますので、比較してみます。

天然皮革
使うほどに手に馴染みやすく、フィット感に優れる。 グリップ力が強く、余分な力を必要としない。耐久性に劣る。汗や雨でぬれたときにぬめり感がでて、グリップ力が劣りそうな気がする。
人工/合成皮革
天然に比べて、品質が安定しており、耐久性が高い。(長持ちする) 汚れにも強く(汗、雨等)、水洗いができる。

それぞれ一長一短ありますので、お好みで選んでください。

サイズが大事

ゴルフグローブ2

せっかくゴルフグローブをしていても、サイズが合っていないとなんにもなりません。窮屈だと手が痛くなり、自由がきかないし、ブカブカだとグリップ力も劣り、グローブをしている意味がなくなります。自分の手に合ったサイズというのが、最低条件です。

キャディットサイズといって、手の甲より指の短い人用、まさに日本人向け、のサイズをだしているメーカーもあります。うれしいですね。私もこのキャディットサイズがピッタリです。

ゴルフ店にて、ゴルフグローブメーカーのフィッティング会も開かれていることがあるので、ご自分のサイズを知る意味で参加されるのもいいと思います。

素材、技術力、製品に対するこだわりという点で、また、グローブサイズ測定フェアも開催しているキャスコ icon


Copyright (C) 2006-2012 square-roll.com All Rights Reserved.